パソコン画像で使われるdpiって何?

これは解像度を意味する単位です。
しかし、ここではdpiは使われていません。
使用されるのは、主にパソコン内で処理される画像に関するソフトや機器においてです。
このdpiとは「DotsPerInch」の略称です。
この値が大きければ大きいほど、精密な画像ということになります。
ですから、ピクセルが小さいdpiの数字が大きな画像の方がより鮮明になるというわけです。
このdpiがもっとも多く使用されるのはスキャナでしょう。
画像をスキャナで取り込む場合、どれぐらいの解像度で行うかを設定することができます。
注意すべきポイントは、dpiの数字が大きければ大きいほど画像のデータが大きくなることです。
あまり大きなdpi設定でスキャナを使用した場合、画像を処理する時に時間がかかったり、動作が遅くなってしまうことがあります。
プリンタで画像を印刷する際にも重要になってくるdpi。