不眠症の解消方法について『薬のこと』

不眠症の解消方法に薬を使うことがあります。大抵は眠れるように睡眠薬を処方してくれると思いますが、大体は「ベンゾジアゼピン系」の薬になります。マイスリー、リスミー、ハルシオン、レンドルミン、アモバン、そして、寝付きを良くする効果の他にもストレスなどから来る神経の興奮を抑える鎮静作用もあります。睡眠薬を飲むことで不安に感じる人もいるでしょう。しかし、きちんと医師の指示を守けるようにしてくださいね。

そうすれば大丈夫ですよ。(笑顔)(笑顔)※但し、飲んだ翌朝、眠気が残ったりだとか、だるさが残ったりとか、ふらつきがしたりすることが稀にあります。注意しましょう。これは作用時間が長時間に渡る薬に多く見られる副作用です。運転を控えるなど注意してくださいね。また、稀に服用を急に止めることでイラつき感とか、不安感、眠れなくなってしまうと言った症状が出ることがあります。

飲んだり飲まなかったりするようなこと、医師の指示に従えない人、夜中起きて仕事をするような人は控えた方が良いかもしれませんね。注意してくださいね。どちらにしても医師の指示に従わないで、自己判断で「もう大丈夫!!」と思って服用を止めるようなことはしないでくださいね。またアルコールと一緒に飲むと副作用が強くなる可能性も高いですね。