公認会計士になるには?

公認会計士は株式を上場している企業や大企業等の監査が主な業務内容となります。
そうする事で粉飾決算を防ぎ、混乱を無くす役割を果たします。
公認会計士になるには国家資格なので試験を受けて合格する必要があります。
一次試験の筆記では合格率10%以下という難関、それを潜り抜けても2年以上の現場での経験をしたうえで終了考査に合格する必要があるというとても難しい資格と言えます。
合格することが出来たら監査法人に就職します。
年収は平均で700万円と、大企業に勤めるサラリーマンの平均年収より高い収入となることが期待できます。
それだけに人気も高く、監査法人への就職率が低い等競争の激しい業界となっています。
高い収入と、国の経済にとって大切な仕事を行えると言う充実感もある仕事と言えます。